市原湖畔美術館、PIZZERIA BOSSOさん

February 4, 2019

この日はPIZZERIA BOSSO(ピッツエリア ボッソ)さんというピザのお店でランチを頂きました。

場所は高滝湖という湖に隣接する、市原湖畔美術館の敷地の中にあります。

 

市原湖畔美術館、高滝湖、PIZZERIA BOSSOさんは中野屋方面からですと297号沿い、市原鶴舞インターへ曲がる道の一つ先の道を少し行ったところにあり、20分かからないくらいです。

 

"BOSSO"は言わずもがな、「房総」からきているのかと思います。

 湖に面したコンテナ型の建物にあるピザ屋さんです。

客席はコンテナ型の為細長い作りですが両サイドがガラス張りになっており開放感があります。

 

 早速ドリンクとサラダをお願いしました。

人参のドレッシングが野菜に良く絡みます、

野菜で野菜を食べている感じのヘルシーな美味しさです。

 

ライスコロッケを頂きながらピザの到着を待ちます。 

コロコロしたひと口サイズなので、思わずポコッと口に入れてしまい、

写真を撮る前にうっかり手を付けてしまいました。。

 

 

ピザです!

今回は4種類の味が楽しめるピザにしました。

地元の食材を使っていて、丁寧にご説明頂きました。

チーズも地元のチーズ屋さんのものです。

生地も丁度良い具合の焼き加減で食べ応えがあり、具材やチーズもとても豪華に入っています。

下手な写真でありますが、こんな写真でも美味しさが伝わるくらいのピザです。

 

4種類あると先ず最初のピザを決めて、

そのピザを味わいつつ、

 

その次に食べる順番はどうしようかと頭の中で計画を練っているので

気づけばほぼ無言で真剣にピザと向き合っておりました。

食べているときの表情もかなり真剣だったと思います。。

 

 

どの具材も甲乙つけがたくおいしかったです。

特にトマトソースは生のトマトから手作りでソースを作っているのだろう、と感じるフレッシュな美味しさでした!

 

 

ピザ1枚でとっても充実感がありました。

 因みに美術館の外観です。

2013年にリニューアルされたそうです。

プリミティブな立方体を組合わせたようなモダンな建物です。

 こちらは高滝湖です。

ビニールハウスが3つ浮かんでいるのが写真から見て取れますでしょうか?

 

その中に釣りの方が沢山いらっしゃってとても賑わっていました。

どうやらワカサギが釣れるそうで、こちらで釣りの大会なども催されているようです。

 

 

こちらはアクアラインや国道297号沿いで東京、千葉方面からいらっしゃる場合のほぼ通り道ですので、もし宜しければ立ち寄ってみてください。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Category
特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事