猫達のいきさつ①

 中野屋の庭に出入りしている猫たちに目まぐるしく変化が起こり、なかなか気持ちが追い付かずブログに書けずにいたのですが、いらっしゃるお客様にもその猫達について尋ねられることも度々ありましたので、ここで一度これまであった事をブログに書こうと思います。

 今まで中野屋の庭にいたのは、気付けば遊びに来るようになった数匹の猫たちで、皆思いおもいの時間を過ごし、そのうちまたどこかへ去って行くという気ままな日々を過ごしていました。

その中でも人に馴れて触れる4匹の猫にはそれぞれ

クロちゃん(雄)

おもにゃん(雄)

みーちゅう(雄)

フサ子(雌)

と呼び名をつけ、

人馴れしていないものの、ほぼ毎日見かける2匹の猫にも

ボスミー(雄)

まっくろちゃん(雌)

と名前をつけて声をかけるようになりました。

この時の猫は合計で6匹でした。

 発端は今年の2月頃に、猫達のリーダー格のクロちゃんが耳から下にかけて大きな傷を負ってやってきたことからでした。元々よく何処かでケンカをしてくる猫なのですが、この日の傷はいつもより酷かったため、病院へ連れていきました。

治療を受け、先生から暫く安静にとご指導頂き、傷を自分で引っかかないようにエリザベスカラーを付けられたクロちゃんを、快方に向かうまで屋内で世話をすることにしました。

しかし外に出られない毎日は、そもそもノラ猫のクロちゃんにとっては大変なストレスだったようで、朝から晩まで一日中外に出してと大きな声で鳴き続けていました。

(因みにエリザベスカラーとはこういうものです↓)

不憫に思いつつもクロちゃんの為と一貫して外に出さず数日が経ち、ようやく回復してきたのでそろそろエリザベスカラーは取ろうかと思っていた矢先、クロちゃんが外へ逃げ出してしまいました。

エリザベスカラーを自分の力で外し、動きやすくなったところで鍵のかかっていない窓を見つけ、開けて出て行ってしまったようでした。

傷は大分回復していましたがそれでも心配で、何度か外を探して回ったのですが、クロちゃんを見つけることができませんでした。

病院に連れて行かれて治療を受けたり、ずっと外に出られなかったことがクロちゃんにとってはとても嫌な経験になったのかもしれません。

それからクロちゃんとは会っていません。