猫達のいきさつ②

前回までのおはなし“猫達のいきさつ①”

時系列では前回の猫達の話より数か月前の出来事になるのですが、去年の夏から自宅の方で起こった猫達のエピソードをお話したいと思います。

きっかけとなったのは去年の8月頃に、ノラの母猫が生まれて間もない仔猫4匹を連れて中野屋スタッフ自宅の庭に引越して来たことでした。

(上の見切れている猫がおかあさんです)

とても可愛いかったのですが、皆を飼うことは難しいのでどうしようかと悩み数日経ったある日、突然1匹の仔猫だけを残して他の猫達が居なくなってしまいました。

この数日間、猫の家族で楽しそうに過ごしてた姿を見いたので、小さな猫が急に1匹で取り残され、悲しそうな顔で怯える姿が不憫でならず、1匹ならばということになり、飼うことにしました。

初めは部屋の中へ入れてもソファの下に隠れて殆ど姿を見せてくれなかったのですが、日を追うごとに段々と馴れてくると、次第に人に寄り添ったり、後をついてくるようになりました。

その仔猫はとても元気に高い声で鳴き、例えるなら楽器のピッコロの音色の様だったので、そこから名前を貰ってピッコと名付けました。