母屋の部分改修工事2019 其の③

母屋改修シリーズ、2019年版、3回目です。

母屋の部分改修2019 其の①はこちらです

母屋の部分改修2019 其の②はこちらです

今回は、母屋の1階和室のベース部を補修&補強です。

実は1階和室の3室中の1部屋は昨年既に完了しております。

その時の記事

母屋の部分改修2018 其の①はこちらです

和室は場所によって歩くとバウンスするような感覚があり、就寝時などに近くの方が先に起床して傍を歩かれるとその振動で目を覚ましてしまうのではないか?という心配があり、

昨年は一番気になる和室の1室の補強を一先ず先に済ませました。

そして今年は残りの和室2部屋もお願いしました。

こちらは10畳のお部屋の畳と下地の板を外した状態

この様に元々スパンがかなり飛んでいます。

昨年のこの工事の時もそうでしたが、「何故こんなにスパンがとんでいるのだろうね」という話題になり、

もしやこれは敢えてではないか?と、1つの仮説を思いつきました。

日本古来の建築物に鶯張り(歩行によってきしむ板張りで、侵入者の危険察知の為に作られたとされている仕組み)などもあるように、この和室でしたら先述の通り、就寝時に曲者が入ってくれば直ぐ察知できるから。

、、、と、かなり大袈裟な話にして途中楽しんだりしておりました。